QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100203_2017~01.jpg

コードギアスにどっぷりである
好きなものには突っ込んでいく自分がキモい。
もうこうなったらまとめて注文したドラマCDでポストを埋め尽くしてやる。

まあそんなわけで気が付いたらDVDを買っていたわけですが、舌の根も乾かぬうちにとはこの事だ。
で、さんざん迷って北米版を買いました。アニメを見て英語のお勉強しようぜって腹です。
北米版はリージョンの問題があって普通には見られないので、パソコンでVLC Media Playerを使って見てます。リージョンの問い合わせをドライブに行わないので、リージョン変更回数とかに気兼ねしなくていいんです。しかもMacにも対応しているところが素晴らしい。元マックユーザーなのでつい敏感に反応してしまう。
一部でディスクを認識しないというトラブルがあったらしく、それがとても心配だったのですが、今のところ問題はありません。
ペルソナ出してディスクを入れたお陰だろうか。

音声は英語と日本語で、英語字幕つき。ただしこの手の字幕は英語音声に対応しているわけではないので注意(字幕は文字数の制限があるので)。
字幕は近くで見ると輪郭がスムージングされてないので(ピクセルのギザギザね)、それが少し気になりました。
ブックレットは付属していません。限定版にはついてくる様子。
北米版の常で1枚のディスクの収録話数が日本盤より多く、おそらく日本盤と比較したら画質は低く見えるのかもしれません。ただ比較対象がない状態ではこれといって気になるものではないです。もっとも個人差もあるとは思いますが。
日本盤の特典のピクチャードラマやオーディオコメンタリーなども英語音声・字幕つきで収録されているのは意外でした。えらいぞ!
今はまだ吹き替えの方はそれほど見ていないのですが、声優陣結構健闘してるんじゃないでしょうか。

というわけで…
好きなキャラクター分析を進めた結果、私は意外にも兄キャラに弱いということが判明しましてございます。
諒兄ちゃんに番長にルルーシュにってあーた。
こいつら下の兄弟への愛情が凄すぎるあまり、敵に対しては全力で行くよな。

兄が欲しかったんでしょうか、私。確かに毎週週刊少年ジャンプを買ってきてくれるお兄ちゃんがいればなあと思ったことはありますが、理由としてあまりに適当すぎる。
まあ、血の繋がった妹が萌え対象にならないのと同様、実物の兄なんてパンツ一丁で寝っ転がると中身見えるからあっちいけみたいな扱いなんだろうな…

それにしても、どうして私の好きなキャラは最終的にホニャララする確率が高いんですか。教えておじいさん。

そして2月26日発売のペルソナ3ポータブル公式ファンブックに好きな作家さんがカット描いてると知って小躍り。表紙も楽しみですね。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/45-f77f296d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。