QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は3月5日ですね。今日が卒業式で…次の日に…
…はあ。

というわけでとっときのネタ、キミの記憶の歌詞の英語の部分の和訳です。
さらりとネタバレ含むので注意です。

キミの記憶

love through all eternity
(愛は永劫に)

until my life is exhausted
(私の命が疲れ果てるまで)

I will embrace the feeling
(その気持ちを抱き締める)

I will never leave you
(絶対ひとりになんてしない)


"through all eternity"は「永遠に」とか「永久に」といった感じの意味ですが、語呂と関連性がいいので「永劫」にしてみました。永劫。うん、いいよね。最も、永劫コミュはこの歌詞よりも後にできたものですけど。


キミの記憶
歌:川村ゆみ 作詞:小森成雄 作曲:目黒将司

風の声 光の粒 まどろむキミにそそぐ
忘れない 優しい微笑み 哀しさ隠した瞳を

願うこと(辛くても) 立ち向かう勇気キミにもらった だから行くね
夢の中(目覚めたら) また逢えるよ

遠い記憶 胸に秘め うたう

はかなく たゆたう 世界を キミの手で 守ったから
今はただ 翼を たたんで ゆっくり 眠りなさい
永遠の 安らぎに 包まれて love through all eternity

優しく 見守る わたしの この手で 眠りなさい
笑ってた 泣いていた 怒ってた キミのこと 覚えている
忘れない いつまでも 決して until my life is exhausted

交差点 聞こえてきた キミによく似た声
振り向いて 空を仰ぎ見る 零れそうな涙堪えて

明日こそ(いつの日か) もう一度キミに逢えると信じ 独り迷い
雨の夜(晴れた朝) 待ち続けて

忘れないよ 駆け抜けた 夜を

眩く 輝く ひととき みんなと 一緒だった
かけがえの ないときと 知らずに わたしは 過ごしていた
今はただ 大切に 偲ぶよう I will embrace the feeling

キミはね 確かに あのとき わたしの 傍らにいた
いつだって いつだって いつだって すぐ横で 笑っていた
無くしても 取り戻す キミを I will never leave you


ペルソナ3をやる前のペルソナ4プレイ中から、実はサントラだけはしっかりと買っていた私たちでした。もちろんネタバレ内容は承知済み。この曲を聴きながら「絶対エンディングで泣くわコレ」と思っていたのですが、泣きませんでした。なんか、めっちゃ爽やかに終わるんだもの。むしろ神木母に泣かされました。


ここから後日談ネタバレ


そしてそんな爽やかに終わっておいて後日談。まるで、サンタからプレゼントを貰って喜んでいる子供たちに、プレゼントの請求書を突き付けるかのような…

最も、後日談のあの鬱々とした雰囲気が割と好きなんですけどね。皆が言うほど嫌いじゃない。ただペルソナ3本編のエンディングにみんなが期待するものではなかった、ということでしょう。ああいう結果にするなら、あまり希望を持たせるような演出はすべきでなかったのかもしれません。本編で、希望を持たせた上でどん底に落とす、とかだったらいいんですが。

そもそも主人公は、自分がああなるということが分かっていたのかどうか…
あまりそういう描写は出てこないですから。

しかし後日談の鬱っぷりとか、同士討ちとか、例の人体解体ムービーとか、私はあんまり嫌いじゃないです。え、何なんだろう、Mっ気全開?
ストーリーが一本道なことと、キタローを操作できないことだけが私の不満でございます。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/40-abcfb682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。