QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気付いたら少数派です、どうも。

劇場版『ペルソナ3』(以下P3M)を見に行ってきました。しばらくのうちは、どう評価すべきか困っていましたし、今も多少困惑気味です。この心持ちを例えるなら、学芸会の劇にクオリティを求めてしまって冷めている、場違いな親みたいなものなのかも知れません。

原作要素の取捨選択はファン目線で見て的確だったし、主人公・結城理の描き方も、ゲームの設定に絡めて上手くまとめてあります。監督がゆかり派ということで、彼女の描き方にも原作より配慮が感じられます。

けれどとても純粋な意味で、私はこの作品が良いものだとは思えなかったのです。それだけです。

別に酷評するほどの出来ではなく、かと言って自信を持っておすすめ出来る作品でもなく。ファンなら見ておいてもいいかもね、と。

シナリオがかなり圧縮されているので、1本の映画としてまとまりに欠けるフシがあります。戦闘シーンも緊迫感がない。作画がいいって? そりゃP4Aに比べれば大抵のものはそうでしょう。でもね、このレベルの作画であれば、1クールにつき1、2本は深夜アニメでやってます。結城理の描き方は、ゲームの設定を取り込んだという面から見れば上手く対処したなと思いますが、普通に見て多少安直かと。

あくまで原作を壊さずに出来る限り再現したファンアイテム。P3Mは正しくP4Aの再来です。
きちんと数字を叩き出しているらしいので、そこも似ています。

これを書いた時の熱量すら出てこないことに驚き。
アニメ『ペルソナ4』 最終回を迎えての感想

映画を見に行った人達は楽しそうで、私はそれを少し離れた所からぼんやり眺めています。
あ、好きなシーンは、冒頭から影時間にかけてのセリフのない場面です。一番「映画」っぽい。
真・女神転生 STRANGE JOURNEY アトラス・ベストコレクション真・女神転生 STRANGE JOURNEY アトラス・ベストコレクション

by G-Tools

これ以上、何を望むのだ(言いたかっただけ)。一人称視点に酔う自信があるのでプレイ出来ない。
関連記事
  
コメント

映画はコミック版のシナリオでしたからね、コミック版を読んで「こんな風に動くのか」と一人納得してましたが、やっぱり賛否両論なんですかな
---------- [ 編集] URL . 05/02, 18:12 -----
コメントする









       
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/361-2d41fc71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。