QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここ1年くらい真面目にPシリーズ作品(P3・P4)について考えることが多かったのが、最近になって収まって来ました。私がプレイしてからの時間経過や、作品のリリースが落ち着いたせいもあるだろうし、何よりちょっとバカらしいので、もう考えることはおしまいにするかーという気分になってきました。というわけで今は大変清々しいです。

ちなみに今でもこれらの作品は好きです。ただ、プレイ中に感じたモヤモヤの理由を突き詰めていくと、どうしても「スタッフ憎し」という結論に達してしまったんですね。また、一部のファンの考えも受け入れられなかったりと、真面目に好きであればあるほど辛いという、にっちもさっちも行かない悪循環に陥っていたように思います。

このまま突っ走れば立派なアンチになれたのですが、たかがゲームに腹を立て続けるのもバカバカしい。というわけで、アンチになる代わりに自分の中でのPシリーズの位置をちょっと下げることにしました。あくまで軽く楽しめばいい、スタッフの考えとは相入れないから深く考えてはいけない、というような。アンチというのは、作品に執着しているという点で熱烈なファンと同じようなもの。だから私は立派なアンチにならなかった代わりに熱烈なファンもやめたことになります。で、多分それでいいんです。

私は、作り手の発言・意図を知ることでよりその作品を楽しめるものだと疑ってかからなかったのですが、どうもPシリーズのスタッフに関してはそうではないようで……と言うか、主に橋野さん(及びシナリオスタッフ)に関してはそうではなかったようです。知れば知るほど、穿てば穿つほど、嫌いだとしか思えなくなってきました。主に、ストーリーテリングのまずさ、キャラクター造形の薄さ・あからさまさ・押し付けがましさ、ジェンダーバイアスのひどさ、プレイヤーを納得させる仕掛けの欠如、白黒つかない壮大なテーマを据えた割には安易な解決をするところなどなど。枚挙に暇がないという表現はこういう時に使うんだなという感じです。とにかくあちこちに気に食わない部分が出てきて仕方なかったですね。好きなのに。だから私はインタビューなんて読むべきじゃなかったし、考察なんてすべきじゃなかったんです。反省。

今挙げた点はだいたいストーリー部分に起因していて、ゲームプレイそのものについて嫌いになったわけではないのも興味深いです。

とにかく、こういう点に真面目にツッコミを入れることはやめにしたいと思います。それから自分以外のファンの意見を知ろうとすることもやめにします。血圧に悪いから(笑)

だから今度のP3映画に関しても、メディア展開けっこうけっこう、主人公がかっこよければそれでいいよ、くらいの構えで見に行くつもりです。楽しみ。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/350-2c5e2f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。