QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
《ムーン》では、感情的な再生を観察し、月の周期、潮の満ち干き、人間の生物学的なリズムを探索します。

新月のたびに私たちはひとつのサイクルを終え、一新することを提案されます。リスクをとること、他の人々と繋がること、愛すること、与えることを。

想像、憂鬱、再生の分野の象徴としての月は、《ムーン》の曲とアプリの中で、音のパターン、満ち欠けという視覚的イメージ、再生についての歌詞によって表現されています。

《ムーン》アプリでは、音楽構造、人間のバイオリズム、月と波のサイクルが結び付けられているのです。



音の出る真珠の鎖は水に洗われることで奏でられ、その水は月の変化によって引き寄せられています。アニメーションは形状とハープのメロディーの関係性を示していて、音楽と自然の周期の関係性を発見することができます。

Nikki Dibbenによる楽曲分析
「MaxパッチとLemur(アルゴリズムとタッチスクリーン)を月の満ち欠けと似た方法でプログラミングするのはとても楽しかった。
そういう種類のパターンは自然だし、みんな知ってる。でもそれを曲に落とし込むにはどうすればいいんだろう? 特に、実のところかなりかっちりした電子音楽には、とね」
―ビョーク

曲を作るにあたり、ビョークは自然のサイクルを選びました。月、潮の満ち干き、人間のバイオリズムなど。そしてそれらを音楽構造への説明に用いました。

《ムーン》におけるビョークの主な音楽的アイデアは月の「満ち欠け」に由来しています。月の満ち欠けは太陽、月、地球の互いに連動した配置によって変化していきます。

私たちに見える月相は、新月(太陽と月が地球から見て同じ側にあり、月の照らされた面は見えない)から満月(太陽と月が地球から見て反対側にあり、全面が照らされている)へと変化していきます。

満月までの日数はおよそ29日間で、カレンダーの月はこれに由来しています。
《ムーン》アプリでは、このサイクルが他の現象に及ぼす影響が強調されています。
太陽と月の引力、地球の回転は海の増減に影響を及ぼしています。

月に対する地球の自転は、地球が月に面していない側よりも、その反対側でより影響を及ぼして水を引き寄せていることを意味します。

科学的に証明された関連はないものの、月周期と体のリズムに関連があると主張する人もいます。例えば月経周期はおよそ一月続きますが、これは月周期と、潮汐周期の倍数に近似しています。また「menstruation(月経)」、「month(月)」、「moon(月)」という単語は同じ起源を共有しています。

音楽を通して自然界のサイクルについての考えを伝えるため、ビョークとスタジオエンジニアのダミアン・テイラーはMaxを使用しました。Maxは音楽用のビジュアルプログラミングソフトで、画面上でビルディングブロック(小さなプログラム)を繋げて「パッチ(Maxプログラム)」を作ることができます。

『バイオフィリア』の大半で、これらのプログラムはLemurのタッチスクリーンインターフェイスでコントロールされています。Lemurは『ヴォルタ』ツアーで初めて使用されており、iPadの登場を予期したものでした。

《ムーン》を作るにあたり、ビョークは異なる素材を切り替えるためにゲームコントローラを使用しました。これによって異なる曲のセクションで拍子を変えることが可能になり、また従来のポップミュージックの拍子を避けることができたのです。従来の拍子は2の倍数を用いる傾向がありますが、そのかわりに素数を用いています(例えば8/17拍子という珍しい拍子など)。また、月の満ち欠けという発想を捉えるため、ビョークはその構造材料として拍子を使っています。

月周期、潮汐周期、《ムーン》の音楽素材の関係はメロディーラインの中に聞こえてきます――メロディーの上下として。作曲家たちは、自然界の形や動きを表現するためにしばしばメロディーラインを用いてきました。

音の高さと空間的な高さの類似性は、旋律の上下が、例えば波のような実世界の現象の上下のように聞こえるということを意味します。

《ムーン》のアニメーションは、音符を音の高さで表現することでこの関係性をより明確にしています。

ハープのパートは、メロディーラインや拍子の異なる5種類の反復素材で構成されています。曲の始めの17個の音の下降音型と、最初のボーカルパートで伴奏となるより動きの少ない音型。「as if the healthiest past time(まるで一番健やかなあの頃が)」という歌詞の部分の、17個の音の上昇音型と上昇する伴奏。そして8/8拍子の動きのない「爪弾く」音型と、その後に聞こえてくる初のソロパート。

securedownload (2) securedownload (4)
securedownload (3)

月の満ち欠けの変化をゆるやかに描写するこの曲のために、ビョークはこれらを様々な組み合わせで呈示することで、万華鏡のような形や構造のパターンを作り出しました。ハープのメロディーは下降し、上昇し、正反対の動きで交差し、フラットになります。この組み合わせを並べることで、最初はまばらで空白のある音がより豊かになり、それからまたまばらになるというテクスチャーが作られているのです。

曲の最後では言葉、イメージ、音の関係の近さが強調されています。「the end all and the beginning all(すべての終わりとすべての始まり)」という歌詞は、曲の出だしと同じく下降していくフレーズが再び巡ってくるのと同時に現れます。

securedownload.png

《ムーン》アプリでは曲の作成とシーケンサーへの変換のためにMaxプログラムの使用を採用しています。このシーケンサーは月、真珠、水のイメージを介してコントロールが可能です。月相と潮の満ち干きを変化させると、水が流れ出て「音が鳴る」真珠が増減します。真珠はそれぞれこの曲に使われている音程のコレクションからの異なった音色を演奏するように調整することができます。

再生の象徴としての月という考えの音の具体化――このように音楽構造は自然界のリズミカルなサイクルを表しているのです。
この曲は月の満ち欠けを爪弾くハープの音が綺麗ですね。「ムーン」に限らず『バイオフィリア』の曲は全てシンプルですが、実際のところ作曲する過程ではものすごく複雑なことをやっているんだなと感じます。説明するとなるとどうも小難しくなってしまいがちですが、本来このアプリは構える必要は全くなく、子供でも直感的に感じ取れるものです。でも解説が英語というのがまた敷居を上げてしまっている気がします……というわけでやっと訳し終わりました。

以下の記事では独自の分析がされています。
Björk / Biophilia (2011)|The flower seems out of reach
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/348-6893f1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。