QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フィギュアーツのP3主人公フィギュアのレビューです。発売まで長かった!
遠目で見た時の印象や価格、メーカーを考慮すると、結構いい出来なのではないかと思います。D-Artsタナトスと組み合わせるとなお良し。

フィギュアーツZERO 主人公 (ペルソナ3)
フィギュアーツZERO 主人公 (ペルソナ3)

外箱はP3テイストの青。小さすぎてびっくりしましたが、ネット予約販売のみなので外から見えなくていい分、省スペース仕様なのかもしれません。

p3hero01.jpg

では全身をぐるっと。全体的な動きがとてもいいと思います。P3時の猫背主人公ではなく、P3Pの描き下ろし絵に近いぴしっとした姿勢です。

p3hero02.jpg p3hero03.jpg p3hero04.jpg

p3hero05.jpg p3hero06.jpg p3hero07.jpg

p3hero08.jpg p3hero09.jpg

最後の画像のように、左斜め前から見た時が一番決まります。

正面と後ろのアップ。顔は似て……はいないです。ただ作りは割と綺麗だし、フィギュア自体が小さめなので意外と問題ない感じ。また細かいパーツの造形はそこそこです。目立った塗装ミスも特になし。

ズボン部分はかなり脚の形が出ているので好みは分かれるかもしれません。でもまあフィギュアだし、不思議素材で出来ているのです。誰だ尻を見ているのは。

p3hero10.jpg p3hero11.jpg

さて、この主人公フィギュアは付属パーツで召喚器を持たせることが出来ます。ポーズとしてはこちらの方がより自然に感じました。更に、やけに広い台座にはD-Artsから出ているタナトス用のダボ穴があります(外しにくいので注意)。このフィギュアはタナトスとセットで真価を発揮するので、ぜひ一緒に飾りたいところです。ていうか近い時期に発売してよバンダイさん。

p3hero12.jpg p3hero13.jpg p3hero14.jpg

~主人公とタナトスギャラリー~
フィギュアの写真を加工しまくったら楽しいんじゃないだろうか? ということで好き勝手やってみました。ポーズやアングルが似たり寄ったりなのはごめんね。

ドラマCD「Full Moon」のあのシーンのイメージ。

p3hero15.jpg

白黒も渋くていいですね。

p3hero16.jpg

台座に固定する向きを変えて召喚時の再現。

p3hero17.jpg

そしてP3と言えば青! これはあえてイラストっぽく加工・レタッチしてみました。こういうフィギュアの楽しみ方もありです。

p3hero18.jpg

先にも書きましたが、遠目の印象と価格などを考慮すると割といい出来だと思います。遊ぶにはタナトスがいると楽しいですね。

フィギュアーツZERO 主人公 (ペルソナ3)フィギュアーツZERO 主人公 (ペルソナ3)

by G-Tools

D-Arts タナトスD-Arts タナトス

by G-Tools
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/346-3e22479f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。