QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
関東では最終回を迎えたアニメ『ペルソナ4』。その総評をまとめました。ネタバレあり。最初に断っておきますが辛口ですよ。

まず全体的な感想としては、「悪くはないけど、熱く語れと言われたらできない」。ペルソナ4が好きでなければ見ていなかったし、はまることもなかったろうなと思います。ストーリー展開、人物描写、演出、作画等々、子供向けアニメという印象でした。

いくつかの点に分けて、ちょっとつらつら書いてみようと思います。

●監督の人選、制作の狙い
プロデューサーの足立さんがそもそもペルソナシリーズのファンなわけですが、監督にペルソナ4のファンである岸監督を選んでいます。そういうわけで、スタッフが原作が好きなこと、それを再現しようとしていることは良く伝わって来ました。「分かってる」ネタをちょいちょい入れてくるあたり、それは本当だと思います。原作再現こそファンに求められているという理解もあったでしょうし、原作ものはそこがキモでもあるわけです。その部分は成功したと思います。

●販促体制
販促(販売促進)はこれでもか! というくらい万全でした。ティザーサイト、ツイッターでの広報、ツイッター連動企画、マヨナカ生テレビ、マヨナカ影ラジオ、その他もろもろのイベント。さらにパッケージ特典には目黒氏作曲のBGM、カバーは副島氏描き下ろし。ファンであれば盛り上がること必至です。このカバー具合は素晴らしいと思いました。作品の評価はそれ単体の良さだけではなく、こうした広報体制にも大いに左右されますから。

●良かった点
全体的に見て、構成がとてもよかったと思います。普通にプレイすれば80時間ほどに及ぶゲーム内容がうまくまとめられています。例えば、あいと一条のコミュを同時進行で見せたり、ミスコンの結果からりせコミュに繋げたりなど。夏休みのコミュ一気消化も描写不足はさすがに否めませんが、2話構成にすることで飽きない作りになっています。

またアニメ独自の展開も面白かったです。4話の雪子のオリジナルストーリーは、ゲームではできない掘り下げ方が見所でした。美津雄のエピソードもきちんと描かれることで、その後の行動への説得力があります。

後は、これは原作からですが、声優陣が上手い人揃いなだけあって聞き応えがありました。

●ゲームをアニメ化するということ
私が微妙だと思った点は、ゲームであるペルソナ4からシナリオだけを抜き出してしまったことです。そもそも原作のペルソナ4のシナリオは結構お粗末な出来で、100点満点なら70点くらいだなあと思っていました。しかしこれはゲームなので、戦闘やクエストなどのゲームならではの楽しさ、システムの面白さというものがあります。また私にはキャラクターや、田舎の学生生活のゆる~い雰囲気も魅力でした。

しかしアニメでは視聴者はプレイヤーではなく、あくまで傍観者の立ち位置にいます。アニメというのはゲームのように能動的に楽しむことは出来ないし、主人公の悠も感情移入型のキャラクターではありません。その結果、ゲーム要素でごまかされていたお粗末なシナリオが明らかになってしまいました。そしてアニメはそれを大きく変えたりはせずに再現しました。

私はP4Aを見ることでペルソナ4本編の評価が少し下がったという、おそらく珍しい人です。ゲームのアニメ化としてではなく、アニメ作品単体として良いものを求めていて、それが制作側の狙いや大多数のファンとは違っていたのだと思います。そういうわけでカットインはいらないし、ゲーム本編で流れるタイミングであってもアニメ自体に合わないBGMはいりません。正直、合わないBGMでも釣られている人を見ると「ちょろいな」と感じてしまいます。

●作画のことは言ってくれるな
何というか、残念の一言。一般的に作画が悪いことの何がいけないかというと、「話に集中できない」というのが大きな理由ですが、P4Aに関しては「全然スタイリッシュじゃない」というのも大きいです。崩れた顔でスタイリッシュ気取られても(^ω^) しかしそれだけではなく、動きや構図もあまりよくないために、特に戦闘シーンの迫力に欠けていました。「菜々子だけは崩さない」という意思も感じましたが(笑)

●人物描写
私にとっての魅力のひとつであるキャラクターは、性格が誇張される傾向にありました。ウザいだけの陽介、暴力女の千枝、天然というよりただ失礼な雪子……。人物描写に関しては誇張しかできないのだなと感じました。

最終話で陽介が悠を助けますが、悠って陽介にとって(あるいはその逆も)そんなに大きな存在でしたっけ? 確かに直前のコミュでコミュMAXイベントはやりましたが、いきなりやられただけではあまり説得力がありませんでした。また陽介が小西先輩のことを引きずっている描写もあまりなかったので、急に怒りの表現をされても見ている側はついていけません。

ゲームでははっきりした個性のない主人公ですが、今回鳴上悠という新しい主人公像を作ったことに関しては別に構わないし、かなり気を遣う作業だったと思います。万人共通のP4主人公というのは存在しないわけですから。そして悠が感情をあらわにするシーンもアニメならではでした。ただ普段の天然っぽい悠と同じキャラクターだと感じることができず、別人のようでした。

悠はアイキャッチのステータス画面では順調に成長しているのですが、そもそも初期ステータスがあまりに低く、描写として極端すぎます。しかも成長している過程はアニメ的には描かれません。ゲーム的には折り鶴や読書などで成長しますが、アニメとしてはそれはどうなんだろうなあ……と思ってしまいます。ただ、「鶴折ってる!」「読書してる!」と気付いて喜ぶ人はいるでしょうね。

●日常回と戦闘回
岸監督はギャグに定評のある方らしく、日常回は安定しています。しかし戦闘となると表現力の低さが目立ちます。迫力がなく仲間は棒立ち、影との葛藤もギャグのせいで中途半端になってしまうきらいがあります。また戦闘はほぼパターン化していて、「仲間や主人公の新ペルソナのお披露目→1~2人に戦闘メンバーを減らすためのトラップやギャグ→勝利」という筋道を辿ります。これが読めるとなかなかに興ざめです。もっとも、原作も影が出るまでの流れはかなりマンネリだったし、「お約束」というやつでしょうか。

日常回でもコミュになると台詞で全てキャラクターが説明してしまい、アニメとして画で見せる意味はあるのか? と思ったりもしました。このあたりは好みで多少分かれるかと。

●その他
アニメオリジナルキャラクターのあいかのごり押しが酷かったです。便利なモブとして使われるならいいんですが、本筋をねじ曲げてまで出すべき必然性は結局ありませんでした。あれほど「原作に忠実」を謳っていたのに……まあ大人の事情ですかね。

それから真エンドがパッケージ特典なのはうまい落とし所だと思いました。一応ノーマルエンドでも綺麗に終わるし、6月にはリメイクのP4Gが控えているのであえて出す必要もないのではないでしょうか。アニメBD/DVDの10巻が8月に発売なので、頑張ればその前にクリアできるでしょうし、最終巻に行くほど売り上げは落ちるでしょうし。

●最後に
「ゲームのアニメ化としては成功、しかしアニメ単体としては平凡」でしょうか。色々言いましたが、とりあえずゲームをプレイして下さい。
●4/4追記
やはり尺が足りない……。
悠の成長がゲーム的に描かれるのは、ファンサービスもあるでしょうが「そこに割く時間がなかった」のかも知れません。
また、キャラクターがすべて台詞で説明してしまうのも、同じく時間短縮のためかも知れません。
これは多少原作の表現方法も関係があります。原作では、キャラの台詞、表情のみ変化する立ち絵、固定視点からのデフォルメされた3Dモデルで物語を表現しています。ここでは台詞の果たす役割が大変大きいため、自然と台詞で全て説明する傾向になります(「台詞と伝奇ものとバストアップイベント/アニメ版ペルソナ4」に詳しいです)。それをそのままアニメにしてしまうと「画、いらなくない?」になってしまうのでは。
しかし原作通りと喜ぶ人が「作画も原作通りにしろ」と言わないのは不思議でした。あ、そこはいいんだ(^o^)

それからこれも興味深かったエントリです。→ペルソナ4#19「It's School Festival Day! Time to Have Fun!」

「エピソードを再現しつつ、美味しくオリジナルの追加を入れ込むことにより、原作ファンの満足度はとても高い。」
「アニメーション作品単体としては、この「ペルソナ4 Persona4 the ANIMATION」は、決して評価の高くなるものとは思えません。」
「しかし、別媒体からの移植作品としては、少々大げさですが、歴史的傑作レベルと呼んでも良いのではないかと思っています。原作ファンを満足させ、原作を知らぬ者に興味を抱かせる。その基本すら出来ていない作品の、何と多いことか。」
「まあ、前提からして違うんじゃないかなーと思ったわけで。」
「いろいろとリソースの限られた深夜アニメにおいて、どのように視聴者を想定し、どのように優先順位をつけたか、の一例としては、とても面白いケースなんじゃないかな。」

はい、ごもっともです/(^o^)\すいません。
私は「想定された視聴者」から外れたんです。原作ファンだけど。
ペルソナ4 ザ・ゴールデン 特典 PlayStation Vita用スクリーン(タッチスクリーン)オリジナル保護シート(壁紙付き)付きペルソナ4 ザ・ゴールデン 特典 PlayStation Vita用スクリーン(タッチスクリーン)オリジナル保護シート(壁紙付き)付き

by G-Tools

関連記事
スポンサーサイト
  
コメント

はじめまして、最近ちょくちょく記事を拝見させていただいております。
音楽から入った新参者ですが、P4A楽しませて頂きました。
このようにして原作とアニメを比較されると、どうしても原作をプレイしてみたくはなるのですが、
なにぶんPS2が故障、vitaは買う予定なしという状況ですw
機会があればぜひプレイしてみたいところです。

今後もちょくちょく拝見させていただこうと思います。更新お疲れ様でした。
---------- bell [ 編集] URL . 04/03, 21:24 -----

読ませて頂きました。
言いたいことをズバリと言ってくれた、という気持ちがします。
むしろ評価できる部分、不満な部分が被りすぎて勝手にシンパシーを感じてしまったくらいです(笑)

実際、ゲームのシナリオも終盤は相当なご都合主義でお粗末な感じだったのですが、
それを素直に「原作再現」したからといって評価できるかというと・・・うーん・・・
カットインや合わないBGM、ちょっとしたギミックでの「原作再現」なんかは、
逆に視聴者の顔色を伺っている(ひいてはネットの反感を恐れている)ようであざといと感じてしまいましたね・・・
主人公の台詞もわざわざゲーム中における奇天烈な選択肢を選ぶ必要はあったのか、とか(これも内輪受け狙いの一環でしょうが)

等々文句を言うとキリが無いのですが
音楽や一部の話が良く出来ていたことで期待がある程度あったことが、逆に不満に繋がってしまったのかもしれません・・・
全くどうしようもない出来だったらそもそも文句を言う気も起きないので、愛情の裏返しというか・・・
---------- hart [ 編集] URL . 04/03, 22:09 -----

これは未プレイの人は楽しめたのかな、とまず思いました。僕は四話まで見て急いで原作を買いプレイし、二週間くらいでやり終えました。序盤は「これ面白いかも」と思わせるのに充分なものがあったように感じます。故に現在では他のペルソナもやって罰の発売を心待ちにするまではまりりました。
しかし、ゲームをやり終えて見るとアレ?と思う所は大分ありました。作画は言わずもがなですが。前の感想でも指摘されたカッ!とかBGMは最初の方は未プレイでも興奮する物でしたが後半に行くほど陳腐に……。
大方満足でしたが、やはりもう一歩、頑張ってもらいたかったですよね。八月を待つか…。
---------- マーティン [ 編集] URL . 04/04, 20:01 -----

個人的には2クールという期間の中でよくコレだけちゃんとできたなと思ってます
3クールあればもっと違ったんでしょうけど大人の都合上よくやったと言うしかないでしょう
元々がP4プレイ済み人向けのアニメですから端折る部分は端折ったんでしょうが
アニメとしては平凡、そうだと思います
不満点も概ね同じ所です
本当に「もう1クールあれば……」といった部分が目立つだけに本当に残念ですが
それ以上に「動いているP4キャラクター達」を見れた事に個人的には満足しています
もう何年前のゲームだって話ですしアニメ化されてかつ話としてはそこそこ面白くできただけでも上等です
是非原作プレイしてほしいアニメですね本当に
---------- h [ 編集] URL . 04/04, 23:19 -----

すみません、コメントが遅くなりました(_ _;)
みなさんコメントありがとうございます。

>bellさん
音楽かっこいいですよね。
原作は、臨場感などはやはり据え置きが勝りますが、なにぶん時間の掛かるゲームなので携帯機でやるというのはアリじゃないでしょうか。
いつかVitaがモデルチェンジで安くなるということがあればご検討下さい(笑)

>hartさん
どう考えてもダメな作品というのとは違いますね。
日常回は安定してましたし、OP/EDは気合いが入ってました。
ただ、シナリオや演出に「ゲームではよくてもアニメでは…」という部分があったことと、制作側の狙いが透けて見えてしまうのが不満の原因じゃないかなという気がします。
それは「原作再現&ファンを分かってる」ことと背中合わせという点がまた複雑で…。
そして肯定的に捉えるファンが多いだろうことを向こうは分かってます。大人ですねぇ。

>マーティンさん
すごい勢いでのめり込んでますね(笑)
原作はもちろんシリーズの他作品までとは。いいぞもっとやれ

ツイッターやブログを見る限り、未プレイでも楽しんでる人は割といます。
カッ! やBGMがプレイ後に微妙に感じるというのは興味深いですね。
おそらくマーティンさんが違和感を覚えたのは、原作をプレイした感覚が強く残っていたからではないでしょうか?
アニメ版は原作よりも様々な面で省略された部分が多いですし、メディアの違いもあって、人によっては比べれば比べるほど違和感が出てくるかも知れません。
最終巻まで出たら一気見するのも手ですね。

>hさん
構成はよく出来たアニメだったと思います。
最初「あれをどうやって2クールで収めるんだろう?」と不安だったのですが、1話のテンポを見てこれなら大丈夫そうと安心したものです。

やはり尺が絶対的に足りないのは否めませんね~。キャラのエピソードを掘り下げられないのは、だいたいが尺のせいでしょうし。
あとは表現力ですけど…。これはちょっと微妙だったなと思います。あまり洗練されていないというか。
やっぱり原作をやって欲しいですね。
---------- 北 [ 編集] URL . 04/05, 22:45 -----
最終回
いつもブログ拝見させて頂いてます!P4A作画は少し残念でしたね…それと尺が無くて最終回は感情移入しきれなかったですね。
しかし、ゲームを再現するという面と新しい手法で名を残した作品だと思います♪

僕もペルソナは1~4全てクリアしましたが、アニメにしやすいのは4だな・と思います。
日曜日のライブもアニメから入って目黒さんの曲を知った人もいたから、各地の映画館での上映も決まったりしたのだと思います!

僕も辛口で言うなら…ですが、Blu-ray最終巻には真エンドまできちんとアニメ化してもらえたことをスタッフに感謝です♪
では、長々と失礼しましたm(__)m
---------- バルムンク [ 編集] URL . 04/10, 00:28 -----

んー、「顔色伺う」とか「あざとい、考えが透けて見える」とかっていうのはちょっと製作を責めすぎじゃないかな、と思いますけど…
「ペイライン意識しつつ作るにはこれしか道がなかった」ってのがホントのところでは?
そもそもそういう状況に追い詰めてったのは他ならぬファン達な訳で。
ファンと原作に囲まれた製作陣は結構キツかったんじゃないかなと思います。


それにまぁ、、、円盤売るにはこれしかないですよね;;

初覚醒シーンでBGMもカッも無くペルソナァ!→敵ボーンだったら
どんだけ作画や動きが良くてもガッカリするファンは多いでしょうしポチる人も寧ろ減るんじゃないかなーと思います

作品単体として質の良い物というのはもっともですが
それをやって大多数を犠牲にして、その分の新規客を釣れるかっていうと
それこそ魔法少女並の奇跡でも起きない限り無理だろうしリスクがでかすぎる。
納得しないファンは離れるし新規層は「原作付き」という壁に阻まれてとっつきにくいし。
下手するとトリニティのように黒歴史認定される可能性もありますし。

「ファン達の目が光ってる!逃走失敗!この手法しか取れない!」
というところを高い精度でまっすぐ突き抜けた点は評価しても良いんではないかな、と。

遅レスな上によく分かんない初カキコですみません
---------- すら [ 編集] URL . 04/10, 00:59 -----

みなさま、コメントありがとうございますm(_ _)m

>バルムンクさん
P4Aの端々にスタッフの愛や努力が感じられましたね。
残念な点はありますが、確かに「ゲームの再現」という課題にひとつの答えを示した作品だったなと思います。

>すらさん
そうですね、すらさんの意見には概ね同意です。
P4Aはターゲティングがとても明確でしたし、原作ファンが喜ぶ点もよく分かっていました。

問題は私がターゲットから外れていることです。大多数のファンとは違う考え方をする原作ファンなので、制作側の狙いがよく外れる(笑)カットインなんかはその典型ですね。「狙いが透けて見える」のはそのせいです。大半の人にとってはそれは「よく分かってる」と捉えられるはず。

思うにシリーズ・原作ファンというのは「お約束」に惹かれるものなのかと。ちょっと適当な言葉が思い当たらないのでひとまずこの単語を使っておきますが、悪い意味ではなく、「戦闘中にカットインが入る」「覚醒の時にはこのBGMが流れる」といったようなことです。ファンにとってはそこが押さえられていることが肝要で、それがなければとりあえず拒否することが多いような気がします。

そしてP3P4を批判する初代罪罰ファンの言い分と、トリニティソウルを批判するP3ファンの言い分はかなり似た傾向にあって大変興味深いです。いわく「シリーズ定番のキャラがいない」「コンポーザーが違う」「イラストレーターが違う」「システムが違う」「設定が違う」「雰囲気が違う」等々。いずれも作品の質ではなくその外側に言及することがほとんどです。なんだ、シリーズファンってお約束が入ってればそれでいいんだ、と私なんかは思うわけです。

しかし制作側もシリーズや原作つきという冠を使っている以上、つべこべ言わずにファンの期待する要素を入れるべきなのかもな~。そういう意味・商業的な点でP4Aは成功したと思います。実は結構オリジナル要素も入ってますしね。
---------- 北(きた) [ 編集] URL . 04/10, 13:24 -----
コメントする









       
     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。