QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7話は完二の影戦回でした。戦闘部分がかなりアニメオリジナル要素が強く(ホモホモしい)、尺も長いので楽しめます。というかスタッフ悪乗りしすぎ(笑)まさかタフガイ・ナイスガイが喋るとは思いませんでした。

敵の耐性や攻撃もアニメ的によく再現されていたと思います。ちなみにナイスガイは炎耐性・氷吸収、タフガイは物理・炎吸収。千枝と雪子の攻撃が全く効いていなかったのはこのせいですね。また完二の影の禁断の呟きは男性キャラを必ず毒状態に、憤怒の囁きは女性キャラを必ず激昂状態にします。主人公と陽介がどよーんとしてたのも、千枝と雪子が怒りまくってたのも、バッドステータス状態になったからです。

とまあ、戦闘部分の尺が長かったために、他の部分(完二が影と向き合うところや完二加入まで)がかなり短めにまとめられているところが若干残念だとは感じました。しかし完二コミュの前フリ(あみぐるみを作ってもらった少年)も入っていましたし、全体的には脚本は良かったと思います。それにギャグを抜いてしまうと、いつものワンパターン展開がはっきり分かっちゃいますしね。

あとはまあ、いつもより動きが多かったので作画はそこまで気にはなりませんでした。が、最後のキメシーンで完二の顔が崩れるのはナシでしょう! うーん、時間と人手が足りないのかな……。

しかし今回意外とカットインや戦闘BGMが気になりませんでした。両方とも入る時間がかなり短めだったからだと思いますが、段々アニメのテンポとしてこなれてきたなという気がします。最初の方はもうダメダメでしたから。

また、さらに主人公のおもしろ発言が増えて段々キャラが立って来ましたが、最初からこういうキャラでも良かったと思います。ステータス云々というより話の面白さを優先して欲しかった。

全体的には良かったと思います。7話。次回は林間学校回 "We've lost something important again" です。P4男性陣はもうちょっと恵まれてもいいと思う。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/280-0a6b65fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。