QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルソナ4が舞台化することが決定しました。

VISUALIVE『ペルソナ4』公式サイト
p4v.png

公式ツイッターアカウントはこちら→@VISUALIVE_P4

……何だか全てが訳が分からないのですが、脚本・演出の浅沼晋太郎さん(@sogorukyo)のツイートを転載しておきます。とりあえずミュージカルではないようです。

sogorukyo
来年3月、僕が作る舞台は「ペルソナ4」!ミュージカルではありません。「VISUALIVE」という新しいジャンルでお送りします。bpmからは伊藤マサミと谷口賢志が出演。詳しくは公式HPへ! #bpmnews

sogorukyo
漫画やアニメ、ゲームの舞台化が発表されると必ず言われる「あれは二次元だからいいんだ」黒執事の時もたくさん言われました。もちろん今回も言われていると思います。僕は、演出のオファーを頂いてそれを引き受けた以上、これまでして来たように、ファンをがっかりさせないよう誠心誠意尽くします。

sogorukyo
「ファンに敬意を払う」こういった人気原作ありきの舞台化で僕が一番重視する部分です。ですから、はじめにお話を頂いた時「ミュージカルで」と言われ、一度お断りさせて頂きました。客が入ろうが入らまいが「ペルソナ4」の世界にミュージカルは合わない。それは作品とファンに失礼と思ったからです。

sogorukyo
そこで、ミュージカルの代わりに、かねてから考えていた演出方法で「ペルソナ4」の世界を表現させて頂くことになりました。「VISUALIVE」。お楽しみに。

sogorukyo
今後は「最初は嫌だと思ったけど、すごく良かった」という声と「嫌だったから観なかったけど、評判を聞いて行こうかなと思ったらチケットなかった」の声を増やして行きたいと思っています。うし。

sogorukyo
ちなみに音楽は和田俊輔さん。この方の作るものに間違いなんかあった試しがありません。今から僕がワクワクしています。

sogorukyo
さて。色んな質問や間違いをここで訂正させて頂きます。1. 僕は「脚本」と「演出」です。「監督」ではありません。でも、映画でいう所の監督の役割をするのが「演出」です。演技、照明、音、セットから衣装小道具に至るまでの全てを考えます。普段、僕はパンフなどのグッズまで考えます。

sogorukyo
2. VISUALIVE「ペルソナ4」はミュージカルではありません。つまり、歌いません。3. 地方公演はありません。東京・池袋のサンシャイン劇場のみの上演です。ごめんなさい。4. 僕の出演は今のところありません。ロビーかどっかでボサーッとしてると思います。

sogorukyo
5. 今回、僕の舞台作品をご覧頂いた制作サイドの方から、作・演出家としてオファーして頂きました。つまり、アニメ「ペルソナ4」への出演フラグではありません。そりゃ出られるんなら出たいけどさ! 6. 好きな食べものはカレーと餃子です。7. 独身です。母さんごめん。

sogorukyo
VISUALIVE「ペルソナ4」のアクションは、「テイルズシリーズ」のアクションディレクター、全男性キャラのモーションを担当した我がbpmメンバー・NAO-Gがディレクション。ご期待ください!
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/277-8d4a2da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。