QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今現在、Twitterでペルソナ5についてのツイートが回っていますが、内容は真実ではないのでRTは控えて頂くようお願いします。以下がそのツイートです。

@playtmjp: 『ペルソナ5』のキャラクター情報が公開 http://goo.gl/fb/b08n1

実はこのネタ、少し前に出回ったものなんですが、ソースが日本語ページであったことで再び広まったようですね。URLはこちら→http://megalodon.jp/2011-0309-2341-34/japan.play.tm/2010/05/05/%E3%80%8E%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%8A5%E3%80%8F%E3%81%AE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

じつはこれ、震源地が私のようなものなので、ストップを呼びかける義務があるだろうと思いました。事の経緯を説明すると……

1.私が「電撃ゲームスのインタビューをちょっと読んできたり」という記事を書く。内容はペルソナ3のキャラクター(主人公+アイギス)について。

2.海外の人がそれをペルソナ5のキャラクターについての記事だと思って英語でポスト。

3.英語の掲示板等で出回る。その後ガセネタってことで沈静化する。2010年の3月終わりから4月初めにかけてなので、だいたい1年前。日本語でも多少出回った気がしますが記憶が曖昧です。

4.英語経由で日本語に訳される。

5.日本語でTwitterに出回る。

という感じになります。

いや、正直英語でペルソナ5についての記事を見つけたとき、何だか見覚えのある内容だったので変だなあと思っていたら、読むうちにだんだん冷や汗が出てきまして。これ、私の書いた記事がもとになってるよね? でもペルソナ3のキャラクターについてだったんだけど、ペルソナ5のキャラクターについての話になってる……。そして自分の書いた記事を見てみると、あれなんで私ペルソナ3っていう単語一個も入れてないんだろう……何というか呆然としました。書いたときのノリが「ちょっと今週の記事見てきたんだけどさー」レベルのフランクさだったせいですかね。以降のインタビュー内容のある記事は、重要なところをきちんと書こうと思いました。

私の「みんなだいたいこういうことは知ってるだろう」という思い込みによって、違う環境にいる人に対する想像力が欠如していたことが、こういうことを引き起こしたのだと思います。英語に訳した人だって、それだけペルソナの新作を楽しみにしていたってことで、悪意でやったことでは全くありません。ただ、英語圏では1年以上前に解決していたことが、今になって日本語で出回ることは予想外でした。Twitterが普及してきた証拠でしょうか。とにかく伝言ゲームの好例を目の当たりにしたような気分です。

再三になりますが、このツイートのRTは控えて下さい。よろしくお願いします。

と、なんだか重苦しいシメになってしまったので、ペルソナ続編早く出ないかなとか言っておきます。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/224-832cf006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。