QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和訳ばっかりのっけてる私ですが、当然ネット上にすでに他の方の和訳があれば読みまくるわけで。
で、和訳してくれる人増えてくれないかなーという気持ちで、普段使ってる(オンライン)辞書類を挙げておきます。

よく使うもの

英辞郎(英和・和英)
例文が豊富で生きた文が多い(気がする)のでとりあえずこれでひいてます。

エキサイト翻訳
英文や和文の自動翻訳ができます。おそらく自動翻訳では一番ましなはず。
省略されてたりすると途端にダメですが、逆に長いセンテンスで混乱する文を入れるとスキッと意味が通ったり、通らなかったり。

あとはググって個人のブログなんかをよく探します。こうやって生きた例文が手に入るのはとてもいいことですね。俗っぽい言い回しなんかは辞書に載ってないことがありますし。

日本語の英語解説サイトを探したいときは「英単語・熟語 意味」で検索するとたいていお目当てのページが出てきます。ダブルクォーテーション(")で熟語を囲って範囲を絞ることもよくやります。まあこれは検索の小技ですね。
逆に英語で書かれた解説サイトや辞書を探したいときは「英単語・熟語 definition」なんかでググります。

いつもはネットで検索する前に手持ちの電子辞書を使ってます。入ってるのはジーニアスとオックスフォード英英とかその他色々、まあスタンダード?
オックスフォードはオンラインで使えるものもあります。

オックスフォード英英辞典

今のところ自分に合ってるなと思うのはこれです。前は紙のロングマンを使ってたんですがいまいちしっくりこず。

日本語に訳出していく段階で、語呂が悪いので同じような意味の単語を調べたい…という時にはWeblio類語辞典なんかを使ってうーうー唸ってます。記事をアップしてからちょこちょこ直すのなんか日常茶飯事ですよ。

こんなところでしょうか。
というわけで、さあはやく訳して!ねえはやく!
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/22-10d61452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。