QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妹が少し前にしきりに「なんか違う、なんか違う」と言っていました。なにがって、発想が乙女ゲー的な人とそうでない人の絵柄(と世界観)の違いについてらしいです。ちなみに妹は後者。

比較

・乙女ゲー的発想
おいしいシチュエーション(曲がり角でぶつかる、うっかり手が重なる、ふたりっきり等)
→少女漫画的展開フラグ(例「あっ、あの時の…!」「ご、ごめんなさい!」等)
絵柄:髪キレイ 線細い

・非乙女ゲー的発想
少女漫画的展開が全てギャグフラグ(例:曲がり角でぶつかった人を轢いてしまう(生身で)、背景に花が咲くと『※イメージ画像です』という注意書きが入る等)
絵柄:スピード線が多い

正直前者を出来る人がすごいと思います。恥ずかしいです。
最近は青年向け漫画を読むことが多かったので、本当に久しぶりに少女漫画のコーナーに行ったりするとまじで目がチカチカします。

ああだからP3Pを乙女ゲー的なスタンスでは楽しめないのかなとふと思う。GSは乙女ゲーだけどあれギャグだし…(違います)なんかこう、笑いをひねり出さずにはいられないというか…いや、なんか違うな…
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/130-219da2d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。