QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ペルソナ3において、インタビューやクリエイターワークスでキャラの性格にリアルさを出すために使われたというエニアグラムをちょっとやってみたんです。そしたら私は研究者タイプ(タイプ5)が一番強く出ました。

「行動するよりもまず考え、情報を重視してことを進めようとします。好奇心が強く、あらゆる物事を観察する研究者タイプです。賢く、自分をよく知り、また、世界を深く理解しており、何かしら新しいものを発見します。周囲と感情的な距離を置き、プライバシーを守ります。物事の渦中に飛び込んで何が行われているか知ろうとするのではなく、物事の外に立って知ろうとする傍観者です」
タイプ5の決してしないことは「結婚式や同窓会の司会」「自宅で大きなパーティーを開くこと」らしいです。うん、しないね。むしろ自分のお誕生日会すら開いたことがない。開いてどうするの。

タイプ5の学ぶべきタイプはタイプ8「自己を主張したい人」(統率者)。
「8は度量が大きく、勇敢で英雄的存在であり、このタイプには歴史的偉人も多数います。生まれながらの指導者で、人の畏怖、尊敬を集めます。自分が必要とするものを得る為に戦う術を身につけています。自分を慕う人々を守る為には自分が傷つくことを恐れません。その活力と情熱は、仕事でもプライベートでも発揮されます。社会やグループにとって不可欠な存在です」

眩しすぎて直視できません先生!

タイプ5のアドバイス
「恐れず自分をはっきりと表現してみましょう」

無理!

いくつか書籍をあたったら、「空虚を埋めるため知識を溜め込む」らしいです。空虚はともかく情報収集とシミュレーションが好きなのは否定できません。

タイプ5の特徴

エニアグラムは発祥が宗教的な色合いの濃いものなので(スーフィーなんとかとか)賛否両論あるとは思うのですが、まあひとつの見方としてありなんじゃないでしょうか。少なくとも血液型性格診断なんかよりはよっぽど。ちなみに私はO型なのですが、うそだろと思います。
関連記事
スポンサーサイト
  
トラックバック
トラックバックURL
→http://katakurikatakori.blog69.fc2.com/tb.php/124-fb2f49ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。