QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B00HVQ9PQ6真・女神転生 IV オリジナル・サウンドトラック
V.A サウンドトラック
ハピネット 2014-02-25

by G-Tools

会社のゴタゴタのせいか、待てど暮らせど発売されなかったオリジナルサントラ。よかった……色々と……。

ハードが3DSだったので、こうしてサントラとして聴くと、また音色が違って聴こえますね。全体的にはゲームの内容を反映して暗く重めの曲が多いですが、戦闘曲はプログレっぽかったり、街のBGMではFC音源っぽいピコピコ音が聴こえるものもあり。ほぼ環境音のような曲や、インダストリアルな曲が個人的に好みです。

ゲーム自体の感想にも書いたとおり、突出して主張してくる曲がそこまでないので、全体的には印象が薄めかもしれませんが、作品自体にはとても合っていると思います。

ブックレットには、コンポーザー陣による1曲ごとのコメントが載っています。こういうコメントはファンには嬉しい。土居さんによるゲームパッケージ絵のメイキングもあります。グリザイユ的な手法で着色されてたんですね。

トールケースもPP加工でツヤツヤ、しっかりしていて凝っています。ケース内側にひっそり主人公がいるのが憎い。ディスクは4枚組で2枚のCDがそれぞれ重なるように配置されており、そこが多少扱いづらいかも知れません(しかし最近はCDで聴くことはほとんどなくなってしまいました)。

なお、「これは円盤状の手鏡だろうか…」という感じのジャケット写真の元になったサムライ制服の展示も見て来ました。ほ、本物だー! イベントというのはいいものです。

合計で100曲以上にもなるサントラですが、特にお気に入りの曲をピックアップしてみました。

『メイン・テーマ』
プレイするきっかけになった、PVで印象的だったメインテーマ。ズーンという重苦しい音から始まり、ひしゃげたようなボイスやノイジーなギター、そして力強いビートと、次々と展開していく構成がなかなかありそうでないのではと思います。あえて言えば音ゲー界隈にありそう? エンディングにも使われていて、名実ともに作品を象徴する曲です。

『幻視』
暗い鐘の音と鼓動のようなビートというとてもシンプルな曲ですが、この先の暗示めいていていいです。オリジナルも存外音が重かったので驚きました。

『予感』
咆哮のような音と鐘の音とノイズという組み合わせは、上の『メイン・テーマ』や『幻視』にも通じるところがあります。絶対嫌な予感しかしない幕開け。

『ナラク・上層/ナラク・下層』
民族音楽調のビートと不穏なメロディーがたまらないです。それにしても最初はダンジョンで迷った迷った。

『囁き』
何とも形容しがたい不穏で不定形な感じの曲ですが、最近こういう曲が好みで……。

『Battle - b2』
サビの鐘(?)の音が癖になると周りでも評判だった大ボス戦の曲。ドラムは割と素直にストレートなリズムを刻んでいるんですが、その上に乗っかるギターや鐘(?)が一癖あります。

『Battle - a2』
リズムがストレートなのは『Battle - b2』と同じですが、少し明るく、ループ直前のギターリフが追い立てるようでかっこいい。そういえばこの部分もPVで印象に残ったんでした。

『Battle - c1/Battle - c2』
どちらの曲も疾走感があって好きです。『Battle - c1』は仮想空間での戦闘曲なので、他の戦闘曲と比べてちょっとテクノっぽい(でも『あっ最後の一手間違えた!』という記憶が……)。『Battle - c2』はもっとバンドサウンドに寄った感じ。

『封霊塔カゴメ』
シロフォン(か何か?)のメロディーが神秘的な印象の曲。本編ではしょっちゅう敵が降ってくるのでゆったり聴けませんでした。

『六本木エリア』
ナイトライフ! って感じの曲です。六本木だから?

『銀座地下街』
重苦しいビートにガムランみたいな金属音の組み合わせが不穏かつ綺麗。地下街の音楽の中では一番好きかも知れません。

『Battle - c4』
泣く子も黙る魔人戦。正直、緊迫した曲調よりも刷り込みのせいで怖いです。真4の魔人戦BGMはクエスト以外では聴いてないんですけどね……。

『Battle - c3』
クエストバトルの曲。基本的には他の戦闘曲と同じ感じですが、ストーリーに絡まない・移動中に死ぬ訳ではないからか、純粋に疾走感のあるかっこいい曲です。

『CLUB MILTON』
四つ打ち大好きなので、クラブで流れてる設定のこの曲も好きです。真3の通常戦闘曲がサンプリングされてる! ちょっとだけ90年代な香りがするような。

『純喫茶フロリダ』
ジャズバーで流れてそうな落ち着いたピアノ曲。ちょっと広い空間に響いたような音色が好きです。生音っぽく聞こえますが加工のせいかな?

『東京ミッドタウン』
ベース音がなんともうさんくさい、もとい怪しげな曲。ここに陣取ってる天使様のせいかな。

『逆さヒルズ』
途中から入ってくるファーって鳴ってる音が不気味! イベント的にも「う、うわぁ……」って所ですし。

『ホワイトメン』
サイレンのような音がずっと鳴り響いているので、非現実さ、幽玄さと同時に居心地の悪さが感じられます。こういう曲を流しながら横になって「あ~~~」ってやるのおすすめ。

『砂漠の東京』
プレイ中お気に入りだった曲です。ゆったりとした太鼓に重なるバラついた金属音と、グレゴリオ聖歌のような歌声が何とも荒涼とした響き。

『爆炎の市ヶ谷』
音飛びを起こした感じのベース音が絶妙なイカれ加減でお気に入りです。

『解放』
サウンドトラックCDで聴く場合は基本的に音楽単体として捉えているんですが、ピアノの物悲しげなメロディーがストーリーを思い出してしんみりしてしまってダメですね。このエンディング、私は大好きです。

『白と黒の森』
ほとんど環境音ですが、ホワイトメンが登場する場所なので『ホワイトメン』と非現実さが似ています。

『Battle - b5/Battle - b6』
悲愴で壮大なオケが天使側っぽい。余談ですが私は神の戦車に言われるセリフが好きなのですが、それはむしろカオスというよりロウめいてるんじゃ……。

『Battle - b7/Battle - b8』
天使側に対して、焦りは感じるもののエモーショナルさは控えめのインダストリアルな曲。割と乾いた感じ。

『Battle - c5』
四大天使戦の曲。鐘の音と聖歌隊が荘厳です。

『Battle - c6』
『予感』の音から始まるので集大成的な印象もありつつ、かつ緊迫感があるマサカド戦の曲。

『エンド・クレジット』
『解放』と同じく、この曲も聴いているとプレイ当時の記憶が蘇って一人しんみり大会を開催してます。途中から『メイン・テーマ』へと移り変わっていくのも好き。

この他にも好きな曲はあるのですが、書いていたら語彙が切れてきたのでこのくらいで。それにしても、聴いていると思い出し悲しみすること必至でした。
スポンサーサイト
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。