QLOOKアクセス解析
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムービーかっこいいんですが…!
ネタ詰め込みすぎです。愛って怖い



公式サイト
http://p2is.atlusnet.jp/
スポンサーサイト
ruru1288137053114.jpg

画像ソース:http://www.gamingeverything.com/2010/10/persona_2_announced_for_psp/2711/persona_2_psp.jpg

今冬発売予定
メディアインストールに対応
先着特典は「サウンドトラックCD」
新旧のサウンド、オリジナル版アレンジを収録

PS版のリメイクで、オリジナル版を踏襲しつつ、操作性やシステムを改良
「罰」のシステムがベース、バトルの背景は「罪」を踏襲
キャライラストは副島氏が担当、新たに全身イラストを描き下ろし
バストアップ画像、カットイン絵は別スタッフが担当したものをチェックしている

バトルやメニューを見やすいように改良
移動時はステータス、ミニマップが表示される
全身のバストアップ画像、合体スキルにカットインを追加
バトルで悪魔の感情、キャラの行動順が表示されるようになった

戦闘バランス、時間制限イベントを調整
難易度はゲーム中にいつでも変更できる
合体スキルの発動手順が楽になった
ボイスはオリジナル版の音声を再調整
声優が引退しているキャラもいるので、音声の新規収録はしていない

「サテライト」による新規ムービーを追加
オリジナル版のOPムービーや楽曲も完全収録
コンフィングでBGMはオリジナルとアレンジを選択できる

「罰」も入れようとしたらUMDに1枚に入らなかった
今のところ「罪」を作るかは白紙だが、作る気はマンマンにある

目黒氏インタビュー
・オリジナル版の当時は「魔剣X」のサウンドを「ペルソナ2 罪」開発チームの隣で作っていて、隣は大変そうだなあと思っていた。
「ペルソナ2 罰」ではムービーのBGMなど開発終盤から参加
・経験者が遊びたくなるリメイクにする事が目標で、PSP版ペルソナに寄せられた意見を参考にリメイクした。
システム自体はオリジナル版を踏襲しつつ操作性などUIを大幅に改善した
・イラスト担当は副島氏。オリジナル版では金子氏の原案を元にイラストを描いていたが、今回は当時を思い出しつつ全身のイラストを描き下ろしてもらった。
P3以前の副島氏のテイストが出ているんじゃないかと思う
・会話時のキャライラストはバストアップで出したかったので、全員のイラストを胸部まで書き足した。これと合体スキルは別のスタッフが描いて副島氏がチェックしている
・新オープニングムービー担当のサテライトにはペルソナ2が好きと言うスタッフさんが多く、乗り気で制作してくれた。なかなか見られない動きや立ち姿で、金子氏の作家性を表現してくれている
・バトル関連のシステムは「罰」の物をベースにしている。罪のノウハウから罰を作った経緯もあったので。背景は罪の物を使用
・オリジナル版を遊んだら何度もゲームオーバーになったので、バトル難易度は悪魔やペルソナの強さの他、時間制限も調整して今の時代にあった難易度に
・合体スキルはバトルのトップから簡単に発動出来るように。見付ける条件の難しさは変更無し
・戦闘時のボイスについては当時の物を再調整している
・他のボイスについては新規収録も検討したが、引退している声優さんもいたのでキャスト変更などはせずあえてそのままにした
・楽曲については当時の物をアレンジしている。ギターを実際に弾くなどの変更もあり。コンフィグでオリジナル版とアレンジ版どちらも選べるように
・「罰」との同時リメイクはUMDに入りきらない為断念。「罪」から遊んで欲しいのもあり、先にこちらを出そうと
・「罰」は今の所全くの白紙だが個人的には作る気満々
・アトラスのゲームは難しいと思われがちでこの作品も同様だが、わかりやすさや操作しやすさには自信があり難易度調整もいつでも変更可能なのでオリジナル経験者も初体験の人も楽しんで貰えると思う
・まだ出していない新要素もあるので続報にご期待

開発状況90%

ソース:ttp://127.0.0.1:8823/thread/http://toki.2ch.net/test/read.cgi/handygrpg/1288148291/l50
2もリメイク出るんですね。どっちかと言うと罪罰の方が気になっていたのですが、冬ってお金ないんだよな……(オタク的な理由により)。
副島さんの書き下ろしはキャラ全身絵だけで、立ち絵はオリジナルに別のスタッフが書き足したもののようです。最も、オリジナルは副島さんの金子絵リファインですが。
BGMは新旧切り替え可能。学習したみたいです。しかしまた目黒さんがディレクターなのは一抹の不安がよぎります。シナリオ担当の若いスタッフとかではだめなんですかね?
リアルタイムでプレイ出来なかったので、影日記は現在アーカイブから見るしかない。アーカイブは重いので引き上げ。
しかし何で消しちゃったんだろう?

ペルソナ3
影日記


過去の日記

▼4月19日
ある広告担当の日記その2
記述者:匿名希望
▼4月13日
覚悟
記述者:匿名希望
▼4月1日
料理
記述者:匿名希望
▼12月11日
ご機嫌いかがでしょうか?
記述者:Elizabeth
▼7月8日
匿名で書き込めるってのは便利だけど怖くもあるよね…
記述者:匿名希望
▼6月28日
湧いてくる
記述者:匿名希望
▼6月23日
人間とは忘れる生き物。
記述者:匿名希望
▼6月18日
ようやく見っけた!
記述者:匿名希望
▼6月14日
ある広告担当の日記
記述者:匿名希望
▼6月2日
あるアートディレクターの日記
記述者:匿名希望
▼5月26日
あるゲームディレクターの日記
記述者:匿名希望
▼5月19日
「緑色の夜」
記述者:匿名希望
▼5月12日
「耳鳴りウザい」
記述者:匿名希望

アバドン王をやっとクリアしました。一回ボス戦をやってから投げて(めんどくさかったから)再開するまでが長かったです。やっとエンディングです。

ライドウの生き方によって展開が大きく変わってきてしまうところや、白黒はっきりつけずにいるところなんかよかったです。さすがにもう「悪い奴を倒して全面的に解決」な流れには鼻白んでしまうお年頃なのでね。そして「でもまた来るよ」なラスボスはやっぱりツンデレかもしれません。

ラスボス戦はとにかくモッサリ。バトルフィールドから敵が離れている間は攻撃が届かないって、それアクションの意味ないじゃん! 発想がターン制バトルじゃん! 攻撃も簡単に避けられるかガード可能だし、攻撃パターンも変化ないのでとにかく隙を待つルーチンがかったるい……。ちなみにラスボス第一形態はだいたいこんな感じです。

img_1463940_46647968_2.jpg
みかけはこわいがとんだいいひとだ

ボスはアバチュの、弱ってくるといきなり強くなる感じでいいと思います。そういう意味ではペルソナ3・4のボス戦も割と退屈でしたね。

で、周りの人が剥がれてヤッホーと思ったのも束の間、柱を攻撃したり、コンセントプラグみたいな姿になったラスボス第二形態と戦ったり、MAG切れが激しいです。ひょっとして柱と一緒に出てくるサイコアポリオンからMAG回収しておくべきだったのか? とにかく苦しい時のソーマ頼みで再戦ですが、あんまり攻撃パターンに変化がなくて退屈ポリポリ。仲魔の吸収属性を揃えておけば全体攻撃を吸収してMAG回収できるんですが、そこはうっかり適当に揃えてしまいました。

メモ
アマツミカボシ テンペストと3属性レーザー持ち
デカラビア マカカジャと3属性特大持ち
リリム ザン以外の3属性持ち

結局デカラビアはマカカジャした後割とすぐ引っ込めることになってしまいました。MAGの消費が半端ないんです…。その代わりに序盤から使っていたリリムさん登場です。ラスボスは弱点が可変なので、まずリリムで試しに当ててみて、効いたらアマツミカボシにも攻撃してもらいました。リリムさん素敵です。

そんなわけで一番怖いのはMAG切れなラスボス戦でした。

さて……ペルソナ3やろうかどうしようか。
Cetacea

into pattern
flowing blood
giving form

in every part
the whole you see

into pattern
flowing blood
giving form

from the moment of commitment, nature conspires to help you
from the moment of commitment, nature conspires to help you
from the moment of commitment, nature conspires to help you

nature conspires to help you


Cetacea

型の中へと
血流が
形を作ってゆく

目に見える
部分全てで

型の中へと
血流が
形を作ってゆく

身を委ねた瞬間から 自然が助けてくれる
身を委ねた瞬間から 自然が助けてくれる
身を委ねた瞬間から 自然が助けてくれる

身を委ねた瞬間から 自然が助けてくれる

ビョークの「拘束のドローイング9サウンドトラック」のCetaceaを和訳。ブックレットに歌詞が載ってないですが、そんなのは輸入盤ではよくあることだ。

ポップなビョークも好きですがダークなビョークも好きで、このアルバムは完成度が高くて気に入っています。ただ人には薦められない。余白の多い音楽で、しかもなんか怖い声とかするからね(でも好き)。

タイトルのCetaceaはクジラ目(もく)という意味で、発音はシテイシャやセテイシャあたりが近いと思います。
ドラマCD「ペルソナ3ポータブル」Vol.2
最初は10月27日発売のはずだったんですが、いつのまにかamazonで12月8日に変わっていたという話です。フロンティアワークスのサイトにはまだ出ていないので未確認です。
まあ、無事に出てくれれば何も言うまい。

追記
ドラマCD「ペルソナ3ポータブル」Vol.2 発売日延期 決定のお詫び
http://blog.animate.tv/FW_news/index.php?itemid=8883&catid=289
氷結半減&見覚えの成長持ちレーザーアマツミカボシをやっと作れました。氷結半減を入れなければレベル54くらいでもいけたんですが、欲張ったために58まで上げることになっちまいました。手軽なレシピ作れる人尊敬します。

メモ
ライドウのレベル58以上
属性:正直者(アマツミカボシを倒す前)ただしキュベレ戦前には日和見者

紅蓮50ムスッペルをレベル51に上げてファイアブレスを習得。
疾風46クラマテングの忠誠度を上げて見覚えの成長。

ムスッペル(ファイアブレス)×クラマテング=技芸53キュベレ(ショックウェーブ・ファイアブレス)

銀氷58バジリスクの忠誠度を上げて氷結半減を習得。

バジリスク(絶対零度・氷結半減)×雷電14マカミ=外法40ネビロス(絶対零度)

キュベレ×ネビロス=技芸51アマツミカボシ(テンペスト・ショックウェーブ・ファイアブレス・絶対零度)
思い出得技 氷結半減・見覚えの成長(ムスッペルが忠誠度MAXなら火炎高揚)

ここまで書いて、キュベレの忠誠度を上げて魔脈高揚付ければよかったなあと思いました。まあいいか。
今回酒にお世話になりました。特にキュベレが見覚えの成長を覚えており、それを気にしないで戦っているとレベルが上がってノイズが増えてしまうので、(ほぼ)戦わずに忠誠度を上げられるのが便利でした。逆に言うと合体が目的でない場合にはあんまり用がないかもしれませんね。

さて先に進むぞー
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。